二次会の参加費はどのくらいが相場なのですか?

   

会二次の参加費の相場と年代ごとの料理の形式

 

盛り上がる一次会の勢いでそのまま二次会へと参加する人は多いかと思われますが、二次会には一次会の費用とは別の「会費」を支払わなければならない場合が多く、二次会での費用の相場がいまいちピンとこない人は、どのくらい会費を支払えばよいのかと不安になると思います。二次会の会費は一般的には1万円を超えてしまうと高いというくらいであり、費用はそれ以下の料金で男性の方が少しだけ割高料金となる特徴があります。

1万円以上の会費は高額だと先ほど申しましたが、女性の意見を抜粋すると会費が8000円以上を超える二次会は基本的には高額だという認識が強く、この料金設定を超えてしまうと極端に女性ゲストの参加人数が減少してしまうという事もあるので、主催者側はなるべく全国の相場料金で会費を決定しなければなりません。

会費というのは年齢層でもある程度変動があり、一番会費の料金が安価な世代は20代という結果になります。20代での会費の相場は6000円30代では7000円40代以降では20代30代の男性とほぼ同額の料金となり、上の年代ほど会費に出せる料金が上昇していくという結果となっているのです。

20代の二次会の料理は「ビッフェ形式」が多数を占めており、この形式なら安価でも多くの料理を取りそろえられ、大きなお皿に大量に料理を盛るだけでいいので、おしゃべりを楽しみながら料理を取り分けるこの形式が20代には一番人気があるのです。

30代以降の料理形式はもっぱら「コース料理」形式が多く、20代の人たちのようにビッフェ形式で料理を楽しむという事はほぼないといっても過言ではありません。この年代からは多少会費が高くてもある程度のクオリティの料理形式をゲストが望む傾向があり、二次会に参加する30代に人というのは社会的立場が確立している人が多いのである程度の見栄えを気にするという理由もこの料理形式には含まれているのです。さらに30代以降の年代が集まる二次会では、会の司会をプロの司会者に依頼を行ったり、ケーキカットやシャンパンタワーなどの演出が催されることもります。

 - 未分類