二次会のケーキはどんなものを用意すると良いでしょうか?

   

二次会のケーキも手を抜くな!華やかさ、デザイン、そして量を考えることが大切。

 

結婚式といえばウェディングケーキとすぐにイメージが出来るように、最近の披露宴では必ずケーキカットが行われます。それは二次会でも同じこと。二次会の進行のプログラムの中でも終盤にこのケーキカットの場面を設けることが多いのです。

なぜなら、新郎新婦はステージのひな壇に上って座っていることが多いですが、ケーキカットの場面になると新郎新婦が寄り添ってカットするので、みんなが新郎新婦をこぞって写真に残したいと思う絶好のチャンスとなるからです。

二次会でももちろん主役は新郎新婦ですが、ここで出されるケーキにも注目しているゲストが多いです。例えばどんなデザインをしたケーキかな?中にはケーキにもお金をかけているかなと思う人もいるでしょう。反対に新婦がお料理教室やお菓子教室などに行っていて、自分で作ったウェディングケーキをふるまいたいと、準備して二次会のケーキを準備することもあるのです。そのため二次会のケーキというのも手を抜くことはできないのです。ではどんなケーキを用意すると良いのでしょうか?

 

有名なケーキ屋でなくてもいい、オリジナル性が高いもの

ケーキというのは、生ものです。そのため鮮度が一番大切です。有名なパティシエに頼んで作ってもらうというのもいいけれど、それほどこだわらなくても鮮度のいいうちに運んでこれるケーキ屋が一番です。その時に重要なのがオリジナル性。どこにでもあるようなケーキではなく、ウェディング向きのデザイン華やかさのあるケーキ人目を引くケーキなどがいいですね。女性のゲストの中にはそのデザインに注目する人もいます。そのためケーキのデザインが良ければ、新婦の株が上がることもあります。

 

人数に合わせた十分なケーキの量を!

披露宴でも二次会でもある程度料理を食べた後にケーキを食べることになるため、一人あたりのケーキの量はとても少ないです。しかし結構このケーキを楽しみにしている人もいるのですね。当然一つのケーキを分け合うので、一人あたりの量は少なくなりますが、みんなに十分行き渡るように大きなケーキを準備する。もしくは別に同じようなケーキをもう一つ用意してゲスト用としてふるまうなどの配慮をするとよいでしょう。

 - 未分類