結婚式の二次会の幹事に指名されてしまった・・・と嘆くアナタに見てほしい二次会代行サービスに関する情報のまとめとなっています。

結婚式の二次会の幹事さんにオススメ!【二次会代行サービス】

コラム

二次会に行かない時ってどうすればいいの?

更新日:

二次会に行けない時に気をつけたいマナー

披露宴には招待を受けなかったけれど、二次会には誘われるということもありますね。特に最近は披露宴は身近な家族や親族、少数の上司や友人だけを招いて行うということが少なくありません。

そして二次会は、多少自由度が増すので、そこでお世話になった人や懐かしい友人を招いてみんなでお祝いするということが多いのです。

しかし二次会に誘われても、仕事や個人の都合から出席できないこともあるはず。そんな時には、お断りのはがきを出すべきでしょうか。

またご祝儀やお祝いの品を送る必要があるのでしょうか。

拒否の姿勢を見せる女性

結婚式の二次会は、自由度が高い。だから本心で決めてもよい

二次会に誘ってくれたから、行かなくてはいけないと気負う人もいるでしょう。しかしながら、新郎新婦も二次会は、いろいろな人に声をかけることもあるのです。

そのためもしも二次会に参加しても、知らない人ばかり…と言うことも少なくありません。お祝いの席なので、招待を受けたら、何も予定がなく出席できるのであれば、二次会に出席してお祝いしてあげるのがマナーです。

しかし仕事がある、先約があるという場合は、もちろん断ることも可能なのです。その点では披露宴に比べて、少し気楽な気持ちで欠席を申し出ることができます。

二次会に行かない時には、ご祝儀を送る?

ご祝儀を送るかどうかは、新郎新婦との関係性によって異なります。もしも親密度が高いのであれば、ご祝儀を考えてもいいでしょう。

しかしそうでなければ、ご祝儀を送る必要はありません。参加できない旨を伝え、あとからお祝いの品を送るなどしたらいいでしょう。

またどうしても二次会に行けない、でもご祝儀を送りたいという場合は、披露宴とは異なるので、1万円程度のご祝儀を送る、また誰か二次会に行く友人に言づけるという方法をとると良いでしょう。

二次会に誘われたけれど、行けないという場合、断ってもいいだろうか?ご祝儀はどうしたらいいだろうかと迷う人が多いです。

しかし披露宴とは異なり、二次会はたくさんの人が出席しますし、会費制で1万円位のパーティーということもあります。それを考えると、二次会に行けない時にはきちんと断ることも出来ますし、ご祝儀ではなく日なもので代用するということも可能なのです。

\ シェアしてください /

-コラム

Copyright© 結婚式の二次会の幹事さんにオススメ!【二次会代行サービス】 , 2018 All Rights Reserved.